伊沢修二が最も拘ったもの 伊沢修二が取調掛で行ったこれらの研究において、強引にでも導き出したかった日本と西洋の音楽は同じという結論は、伊沢自身がもっとも拘った施策を実行するためには絶対に必要な建前だった。 伊沢が最も拘ったのは『長調(メジャー)』だ。