カテゴリ2

暑い日が続きますね。

私の住んでいるところは、比較的標高が高く、都会に比べれば平均気温もだいぶ低いと思いますが。

それでも...やっぱり暑いです。

もちろん子供たちは夏休みでずっと家にいるのですが、そうなると、主夫である私もいつもよりも余分な仕事が増えてしまうわけです。

そんな、暑くて忙しいこの時期の息抜きは、家族が寝静まった後に観る海外のドラマです。

私の観る海外ドラマは、ほぼアメリカのモノで、古くは、『大草原の小さな家』『刑事コロンボ』など、小学生のころから夢中で観ていました。

最近は、『クリミナル・マインド』『アメリカン・ホラー・ストーリー』『ウォーキング・デッド』『Dr. HOUSE』『パーソン・オブ・インタレスト』などを観ています。

で、先日いつものように、そんなアメリカドラマの1つを楽しんでいましたら、挿入歌として『青い影』が流れていたんです。




『青い影』は、イギリスのバンド『プロコル・ハルム』が1967年に発表した曲です。

本国イギリスはもちろん全世界で大ヒットして、さまざなミュージシャンに影響を与え、歌い継がれてきた名曲ですよね。


兎にも角にも、前奏のオルガンのメロディで、もうやられちゃうわけです。


で、ドラマの中で流れるこの曲を聞きながら、無謀にも


『よなおしギターでこの曲を弾いてみたい!』


と思ったわけです。

私がよなおしギターで演奏する曲を選ぶときは、いつもこんな感じで・・・
ただ『弾きたい!』という気持ちだけなんです。

音源を聞いたり楽譜を見ながら、よなおしギターで弾けるようにアレンジを考える作業は、かなり苦労しますが。完成して弾けるようになることを考えると、その作業もまた凄く楽しいんですね。

目指すところがあって、苦労や失敗をしても諦めずに目標に向かって少しずつ進んでいく。そうしてゴールした時の達成感、これに尽きるわけです。

よなおしギターによるソロギター『青い影』


今回も音源だけのアップです。

ソロギターアレンジは、コードとメロディ両方の音をギター1本で再現するアレンジ方法です。

ですから、コード(2~3音の和音)と同時にメロディも一緒に弾いています。ただ...

『青い影』のような歌ものは、やはり難しいです。

ボーカリストのような細かいニュアンスや感情の表現は、一般的なギターでも再現するのはかなり難しいですからね。それを、小さなボディでフレット5本だけのよなおしギターでチェレンジするわけですから。


それでも、歌の入る曲のソロギターアレンジもよなおしギターで十分に出来るということは分かりました。


あとは、私自身、もっとよなおしギターを弾きこんで、技術的にレベルを上げないとダメだな~と、自分の演奏を聞いて痛感しました。

また『弾きたい!』と思う曲が出てきましたら、メゲずにチャレンジしてみたいと思います。



【注目記事】よなおしギターのことが分かる3つの記事!

1、まずは、弾いてみよう!~どんなに簡単な楽器か動画で確認!~
2、よなおしギターの特徴~簡単に弾ける秘密はこれ!~
3、よなおしギターの楽譜~楽譜が読めなくても簡単に弾ける!~



よなおしギターのご注文はお電話1本!
0545-55-3673
すみやグッディ富士店まで
※営業時間は10時~20時になります。

または
専用通販サイト『よなおし屋さん』へ

⇒ブログホーム画面へ戻る