カテゴリ7

講演などでもお話しするのですが、よなおしギターの技術が頭に閃いた場所は、自宅のお風呂場の脱衣所でした。

その日が何月何日だったのかは...全く覚えていません。

ただ、2013年の4月5日以降なのは確実です。

何故それが分かるのかというと・・・

その時期に私が毎日書いていたブログ  『sinya's guitarlife』 のある記事が、よなおしギターの閃きを誘発したのは間違えないのですが、その記事が2013年の4月5日に投稿されたものだからなんです。

それが以下の記事です。少し長いのですが、興味のある方はお読みください。


『メジャー的ソロの作り方 ペンタトニックスケール編』

ギターリスト、特にロック系のギターリストにとって、非常にお馴染みのスケールがあります。
エレキギターを手にして、教則本を1冊でも買えば、必ず最初の方にそのスケールは載っていると思います。

『マイナー・ペンタトニックスケール』です。

聞いたことありますか?
『マイナー・ペンタトニックスケール』の理論的な解説や使い方などは、また後ほどさせて頂きますが。
とにかく、もしこのスケールが無かったら、『ロックギター』が現在のような地位を確立することは出来なかったでしょう。と言っても過言ではありませんね。

さて、実は『ペンタトニックスケール』というものは、この『マイナー・ペンタトニックスケール』以外にも数多くのものが存在します。

そもそも『ペンタ』とは、ギリシャ語で『5』を表す言葉です。英語の『ペンタゴン(五角形)』も、『ペンタ』が使われていますよね。
なので、『ペンタトニックスケール』を日本語にしますと『五音音階』となります。
どういう事かと言いますと・・・

『ペンタトニックスケール』とは『1オクターブの中に5つの音が存在するスケール』ということなんです。

本来、西洋音楽のスケールは、Cメジャースケールのように、1オクターブ内に7つの音が存在します。なので、ペンタトニックスケールは、それよりも音が『2つ少ない』ことになりますね。
1オクターブの距離は、全時代全世界共通ですので、その決まった距離の中で音の数だけが少なくなれば、当然、それだけ『音と音の距離が離れる場所』が出てくる訳です。

そうなると、そのスケールはどんなメロディを奏でるのでしょうか?

隣り合う音同士の距離が最長でも『全音』しかないCメジャースケールのように、滑らかでキレイなメロディを奏でることは難しいでしょう。もっと『極端で特徴的』なメロディを奏でることになると思うんです。

そもそも『ペンタトニックスケール』とは、国や地域によって全く違う音楽の『特徴』を、何らかの形で定義付ける為に、文字通り『スケール(定規)』に当てはめていって、決定していったものだと思います。

まぁ、簡単に言えば、西洋の音楽家達が『あの辺の音楽は、この5つの音を使って曲を作ったらそれっぽくなるよ』と、勝手に決めていったものだと思うんです。

で、実は。我々の国にも、このように公式に認められた『ペンタトニックスケール』が存在します。
『この5つの音を使って曲を作ったら、日本の音楽っぽくなるよ』というスケールです。
聴いてみて下さい。

日本のペンタトニックスケール

マークをクリックすると音が流れます


この日本の『ペンタトニックスケール』を五線譜に表すと、以下のようになります。(※ドの音から始めた場合の譜面です。)




ご覧のように、ドレミファソラシドの『ファとシの2音』が抜けていますね。
Cメジャースケールでは、ファは『四度』、シは『七度』になりますから、この音階のことを『ヨナ(四七)抜き音階』と言います。

これは、先ほど説明したように、西洋音楽の概念の中での名付けで、『この5つの音を使って曲を作ったら、日本の音楽っぽくなるよ』という事なんですが。何だか簡単に括られているようで、ちょっと悔しい感じがしますよね・・・。

果たして本当に、この5つの音を使うと日本の音楽っぽくなるのでしょうか?

ハイ、結果から言いますと、この5つの音を使うと、丸々日本の音楽っぽくなります。
我々が小さい頃から慣れ親しんでいる童謡や民謡は、そのほとんどがこの音階から出来ている上、演歌やJ-POPまで、この音階で作られている曲は今でもたくさんあります。
最も、国歌である『君が代』からして(始まりの音は違いますが)『ヨナ抜き音階』とおなじ並びのスケールで作られているんですから・・・。

これはもう、すっかり西洋音楽家に、日本の音楽を見透かされ定義付けられてしまったことになります。

ちなみに、『ヨナ抜き音階』の隣り合う音同士の並び順は、ピアノの黒鍵と全く同じになります。ですから、ピアノの黒鍵だけを使って、ほとんどの童謡や民謡、君が代を演奏することが可能なんですね。面白いです。

例として、1曲だけ詳しく見てみましょう。
童謡『赤とんぼ』を、スケールとの関係性が非常によく分かる楽譜に表したいと思います。
スケールとの関係性がよく分かる楽譜というと・・・そうです『度数譜』ですね。



ご覧のように、童謡『赤とんぼ』は、見事に4度と7度の音が無い(ヨナ抜き)ですね。


さて、日本には、この『ヨナ抜き音階』以外にもまだ『ペンタトニックスケール』が存在します。
そのスケールをギターで弾きましたので、聴いてみてください。

ヨナ抜き音階以外のペンタトニックスケール

マークをクリックすると音が流れます


どうですか?このスケールを聴いただけで、思い浮かぶ日本の地域がありますよね?
もっと分かりやすく、リズミカルに弾いてみます。


マークをクリックすると音が流れます


そうです、沖縄ですね。
独特の音楽文化を発展させた沖縄の音楽は、このスケールを弾くと非常にそれっぽくなるんです。
『沖縄スケール』とか『琉球スケール』と呼ばれています。
失礼ながら、上の音源の後半は、本当に適当に弾いていますが、とても『沖縄っぽい』ですよね。これが、ペンタトニックスケールの凄いところなんです。


このように、5つという限られた音で構成されているからこそ、顕著に特徴を表すことが出来る『ペンタトニックスケール』は、『日本っぽい音楽』も『沖縄っぽい音楽』も、簡単に作ってしまうことが出来る、非常に便利なツールであると言えます。
これなら、西洋音楽家が、スケールに当てはめて定義付けたくなるのも分かる気がするんですが・・・。そもそも『日本っぽい音楽』あるいは『沖縄っぽい音楽』の定義って、どんな感じなのでしょう?

人によって感じ方に違いはあると思いますが、私は、『ヨナ抜き音階』で作られるような『日本っぽい音楽』とは、どこか叙情的でもの哀しく、それでいてとても優しい感じがするんですよね。

一方の『沖縄スケール』で作られる『沖縄っぽい音楽』は、とっても陽気で明るく、元気が出る感じがします。


西洋音楽の7つの音で構成されているスケールから、どの2つの音を抜くかによって、様々な特徴の曲を作る為のスケールが出来てしまう。そのスケールで、その地域の文化や人々の生き方・性格までも表してしまうんですから、とっても面白いですよね。



この記事を書いている時点では、明らかによなおしギターの技術は思い付いていません。その閃きは、この記事を書いた後の間もない頃だったのは確かだと思うのですが。

それよりもここでポイントとなるのは、

上記の記事がある重要な部分で間違っていること


なんです。

実は、よなおしギターにとって最も重要な『ヨナ抜き音階』についての解釈が間違っているんです!

さらに言えば、この時点での『ヨナ抜き音階』の間違った解釈は、私自身の中でその後数年間、訂正されることがありませんでした

つまり、よなおしギターの技術で特許を取得した時には、まだその間違った解釈のままだったんです。


アイディアを生み出す時って、まずは、たくさんたくさん情報を仕入れなければなりません。それは、先日の記事でご紹介した『アイデアのつくり方』 にも明確に書かれています。

つまり、たくさんたくさん仕入れた情報を元に新しいアイディアが生まれる訳ですが...

私は、

その情報が必ずしも全て正しい必要は無いと思っています。


というよりも、ここまで情報が氾濫している時代に、本当に正しい情報だけをインプットしていくのは至難の業でしょう。

もちろん、なるべくたくさん正確な情報を集める努力をしますが、それらの情報は結局、頭の中で全て混ざってしまうんです。

頭の中のミキサーでドロドロにかき回してしまうイメージです。

脳は、その情報というたくさんの材料が混ざった栄養を吸収して、アイディアを作り出すんですね。


アイディアというものは、それが複雑になればなるほど、1つの情報に固執していては絶対に出てきません。

1つの情報を理解したら、その情報はすぐに材料として頭の中のミキサーに放り込んで栄養とする。

そしてまた次の材料を探していく。

フッと閃きがあるのは、もう頭に放り込む情報が無くなって疲れ果ててしまった頃です。で、気分転換にお風呂でも入るか~となった時だったりする訳です。

アイディアの閃きがあった時、どの情報が直接の引き金となったかは全く分かりません。言い換えれば、頭の中のミキサーでドロドロにした材料全てが栄養となるんですね。

どうせドロドロになってしまう大量の材料の内、1つや2つダメなのものがあっても全く影響はありません


それでもです。

よなおしギターにとって最も重要な『ヨナ抜き音階』についての解釈が長年間違っていたのは、我ながら情けない...



【注目記事】よなおしギターのことが分かる3つの記事!

1、まずは、弾いてみよう!~どんなに簡単な楽器か動画で確認!~
2、よなおしギターの特徴~簡単に弾ける秘密はこれ!~
3、よなおしギターの楽譜~楽譜が読めなくても簡単に弾ける!~



よなおしギターのご注文はお電話1本!
0545-55-3673
すみやグッディ富士店まで
※営業時間は10時~20時になります。

または
専用通販サイト『よなおし屋さん』へ

⇒ブログホーム画面へ戻る