61ce3a77f298347521e1a4b154b99b84_m

HSPという特性

最近、twitter経由で『HSP』という特性のことを知りました。

HSPとは『ハイリー・センシティブ・パーソン』の頭文字をとった言葉で、簡単にいうと『敏感過ぎるが故に、他人の言動に左右されやすかったり、音や匂いや光などの刺激に必要以上に反応してしまう特性』です。

HSPは病気という訳ではなく診断が付くものではないのですが、その特質から鬱(うつ)病などの精神に関わる病気を併発することもあるようです。

私がHSPという特性を知った時、『これだ!』という長年探し求めた答えがようやく見つかったような感覚と、妙な腹落ち感がしました。

私の病的なまでの不安感、それに伴うパニック障害との付き合い、永遠に続く思考のループ……などなど、思い当たることが多々あるわけです。

【私の異常な不安感についてはプロフィールをご覧ください】プロフィール~よなおしギター誕生の秘密~


HSPが嫌いなモノ

で、お恥ずかしながら、このHSPの特性なのか私は非常にビビりでして。例えば、家族がモノを落として不意に『ガチャン!』と音がするとメチャクチャびっくりしたり、この歳になってカミナリが異常に怖かったりする訳です。

そして冬はとにかく静電気が大嫌い!もうメチャ嫌い!

どれくらい嫌いかというと…

近くにファーストフード店があるのですが、そこは冬に行くと必ずドアの取っ手を触った瞬間『バチッ』とくるわけです。必ずです。だから、冬の間はそのお店には行かないんです。

つまり、行くお店を静電気によって制限されるのです。

何とかこのストレスを軽減したい!もちろん、いろいろな静電気対策を講じてみましたが、どれも効果があるのか無いのか分からないんです。対策をしても時々『バチッ』とくるので、結局ドアなどを触る前にビクビクしちゃうんですね。

で、ようやく真剣に考えてみたんです。自分なりの静電気防止対策を。


救世主!『クルりんフック』

考えると、すぐに浮かびました。とにかく『静電気がおきる可能性のあるモノに直接手を触れなければよい』と。

そう、これまでの『手が触れても静電気が起き難くする方法』から『手を触れない方法』へ、発想の転換です。

そして、頭の中でアイディアが浮かんだあと、ホームセンターに行き手に入れたのがこちらです。

『ニッサチェイン クルりんフック 固定タイプ』
くるりんフック02
Amazonで見る⇒『ニッサチェイン クルりんフック 固定タイプ』

片側に大きなフック、片側にマジックテープが付いています。さまざまな用途に使え、フックとしても非常に重宝するアイテムですが、頭の中で考えた静電気防止アイテムと形状がドンピシャで一致したんです。

で、これを少し加工し、さまざまな取っ手に対応できるようにしました。加工の仕方や利用法を簡単な動画にまとめたので、よかったらご覧ください。




このアイテムで全て静電気が防げるわけではありませんが、このアイテムが使えるところは100%静電気が防げます

私がこのアイテムを使い始めてから2年になりますが、もう冬は手放せません。


ウイルス対策にも効果あり!

さらに、静電気と同じように冬の恐怖といえば『ウイルス』

先日、テレビで専門家がウイルス対策を紹介していて、ドアの取っ手など不特定多数の人が触る可能性のあるものを手で直接触らないという対策を紹介していました。

人は、自分が思っている以上に手で顔を触るんですね。私もとても心当たりがあります。手で口元を触るのが癖なので…で、その時に手にウイルスが付いていると感染の危険度が飛躍的にアップするそうです。

専門家は、ドアを「手の甲を使って開ける」と仰っていました。

確かにそれなら、例え手にウイルスが付いても顔には付き難いかもしれませが…手にウイルスが付いてしまうことは防げません。

そこで、私が使っている静電気防止アイテムです!

このアイテムが使える場所なら絶対に手にウイルスが付くことはありません。しかも、静電気も防げる!まさに一石二鳥。

ますます、冬は手放せないアイテムになりそうです。


facebook広告用(中級インストラクター集中講座)


【注目記事】
よなおしギターのことが分かる3つの記事!

1、まずは、弾いてみよう!~どんなに簡単な楽器か動画で確認!~
2、よなおしギターの特徴~簡単に弾ける秘密はこれ!~
3、よなおしギターの楽譜~楽譜が読めなくても簡単に弾ける!~



よなおしギターのご注文はお電話1本!

055-926-1171

すみやグッディ沼津店まで
※営業時間は10時~20時になります。

または

専用通販サイト『よなおし屋さん』へ

⇒ブログホーム画面へ戻る