カテゴリ5
【もくじ】


運命を変えた本との出会い


プロフィールでも触れましたが、専業主夫をやっていた私は、下の子が幼稚園に入園すると『何か仕事を探さなきゃ』って思い始めました。
プロフィール

始めはアルバイト情報誌などで経験のある仕事を探していましたが...年齢(当時40歳)と専業主夫という肩書が、なかなかに腰を重くさせました。

そんな時期、書店である一冊の本を見付けたんです。

『音楽講師の始め方と続け方』
amazon
で見る↓
音楽講師の始め方と続け方
音楽講師の始め方と続け方 [単行本(ソフトカバー)]


しかも、著者はあの宮脇俊郎氏。プレイヤーとしてはもちろん、多くの分かりやすい著書でも有名な方です。

この本に出会わなければ、今の私は無かったと思います。

つまり、この本と出会わなければ...

よなおしギターも生まれなかったと言っても過言ではありません。



先生に必要なスキル


いったい、どの程度ギターが弾ければ先生になれるんだろうか?


私がギター講師になる前に最も気になったことです。

上記の本『音楽講師の始め方と続け方』の中には『演奏力、知識はどの程度必要か?』という項目があり、ギター講師ならどの程度は弾けるべきかが、簡単な2つの譜面を例に解説されています。

譜面の1つは『スリーコードのブルース』、もう1つは『転調のあるポップス系のコード進行』

どちらもそのコード進行上でアドリブを取れることが必須となっています。

本屋さんでこの本を見付けた時、まず最初にその部分を読みました。

正直...

ギリギリできるかな?

という感じでしたが...この本に出会った時点で『ギター教室を開業する!』と腹を決めてしまったんですね。

教室を始めて感じたのは、この『腹を決める』ということの大切さ。

テクニックや知識は後からいくらでもつけられますからね。


市内唯一のギター講師になった理由


確かに、良い本に出会って、ギター教室を始める決心も出来ました。

ただこの自分の性格です、いつまた『やっぱり心配だからやめよう...』とやる気が無くなってしまうか分かりません。

そこで、私が1番最初にしたことは...

家族への宣言

でした。夕食時、家族全員の前で

「父ちゃん、ギターの先生になるよ!」

と宣言。これで、逃げ道を無くしました。


プロで活躍したこともなく、著書があるわけでもなく、専門的に学んだのも専門学校時代の2年間だけ。その後は趣味で弾いていたものの、専業主夫になってからはその弾く時間すら短くなっていた。


そんな私がその後、市内で唯一と言われるギター講師にまでなった要因は、大きく2つあります。

1、初心者を対象とし音楽理論に特化したレッスンを売りにしたこと

2、市内にインターネットで生徒を募集している教室が他になかったこと


つまり、

競合が無い場所で、自分らしい教室運営を始められたことが功を奏した

と思っています。



橋本真也ギター教室の始め方


これ以後は、先ほどご紹介した宮脇先生の『音楽講師の始め方と続け方』の内容を把握した後の私の行動です。


家族に宣言した後、私がやったのは...

1冊のノートを準備すること。

そのノートに、教室を開業するにあたって準備するものを思い付く限り書き出していきました。


この場合の準備するものとは、ギターや機材などのハード面はもちろん、カリキュラムや規約や月謝設定、ターゲットの絞り込み、ホームページの開設など、ソフト面も含まれています。


保存してあるそのノートを今確認してみますと...

その1ページ目には、目標が4つ書いてあります。

☆月に2万円

☆2012年4月1日オープン

☆メルマガの発行

☆DVD作成・販売


実は、4つの目標の内、上の2つはクリヤーできましたが、下の2つはいまだに未達です。


次に、5つの項目について、かなり周到に開業前から準備していたことが分かります。

1、開業までのプロセス

 〇雇用形態
 〇専業か副業か
 〇教材
 〇レッスン代
 〇レッスン場所
 〇日程
 〇その他

2、顧客ターゲットとアプローチ

 〇アコギの初心者
 〇アコギの中級者
 〇エレキの初心者
 〇エレキの中級者
 〇共通
 〇バンド運営
 〇作曲・アレンジ

3、レッスンの進め方

4、ホームページの作成

5、規約の作成


これらの項目は、宮脇先生の『音楽講師の始め方と続け方』を参考に検討していったものです。


この中でも最も自分らしさが出るのは、やはり3の『レッスンの進め方』でしょう。


少し詳しく見ていきます。



レッスンの進め方で自分らしさを出す


以下は、レッスンの進め方について開業前に決めてノートに書いた項目とその解説です。

①完全マンツーマンレッスン

その理由は、教室が自宅の一室で非常に狭いこと。

そうでなくても、2人以上のレッスンは、例え2人とも全くの初心者からレッスンを始めたとしても、すぐにレベルの差が出てきてしまいかなり気を使うことになるので最初は難しいと思います。


②レッスン時間は60分(理論30分+実技30分)

恐らくここが、私の教室の最大の売りです。

レッスンの始めに、まず理論的なことを30分解説します。その後に、その理論と関連した実技をレッスンするスタイルです。

ギターは、以前の記事でも書いたように、理論を知らなくても演奏できる楽器です。
関連記事


ただ、理論を知らないと、いずれは限界が来ます。


はじめから理論をしっかりと学びながら実技に反映していく進め方の方が、最初の上達スピードは遅いかもしれませんが、結果的には必ず長い間ギターを楽しむことが出来るようになると、私は思っています。

さらに、私の教室の最終的な目標は...

『生徒さんが教室を離れても1人でギターを楽しみ上達できること』

です。その為には...

音楽理論の習得は必須となります。


ホームページにも、この私の教室の最大の売りである理論のレッスンについて、かなり詳しく説明を書きました。


③Cメジャースケールの完全な習得


教室を始める前段階ですでに『Cメジャースケールの完全な習得』という項目を入れていました。

これは、実技にも理論にも関係することですが。私がギター教室を開業するにあたって何回も何回も読み返したもう1冊の本の影響を受けています。


『ギターで覚える音楽理論』
amazonで見る↓
Cメジャースケールの完全な習得を含め、私の音楽理論のレッスンは、全てこの本が元になっています。


この本を開業前に手に入れて本当にラッキーだったと思います。

この本のお蔭で、開業前に音楽理論のカリキュラムの方向性を決めることが出来、それは開業してからもずっとほぼ変わらないままでした。


レッスンの進め方について、まだまだ細かい項目はありますが、主な3点を挙げてみました。

開業前、とにかく様々なことを考えました。これは、私のネガティブ思考力が良い方向に作用したとも言えるかもしれません。

とにかく、開業するにあたり不安要素を0にしたかった。

講師としてのレベルは、当然、経験することで上がっていきますが...

経験値が関係ない『準備する』ということに関しては、一切の妥協をしませんでした。

つまり、

開業前には明確なレッスンの進め方が準備できていて、それはそのまま『自分らしい教室の構築』に繋がっていったんです。


ここまで考え抜いて準備したので、教室が開業した後もその『自分らしさ』がブレることは一切ありませんでした。



ギター教室の運営で最も大切な事


準備に関しては、ほぼパーフェクトだったと思います。

お陰様で、開業から半年経つころには、生徒さんも集まり出し、1年後からは常時10~15人ほどの生徒さんが通って下さっていました。

ネームバリューも無い私の教室に生徒さんが来てくださった要因は、最初に述べたように『市内にインターネットで生徒を募集している教室が他になかったこと』が大きいと思います。

文字通り、市内で唯一のギター講師だったわけです。


お隣の市では、いつもお世話になっているすみやグッディという大きな教室があり、数名のギター講師が在籍しています。

恐らく私がそういった場所で開業していたら、生徒さんはほとんど来なかったと思います。

つまり、ギター教室を開業するにあたって人が来てくれるために最も大切な事は...

『どこで開業するか』

ということになります。

特に、私のようにネームバリューの無い人間は、例え自分らしい教室運営が構築できたとしても、ギター教室が乱立する地域では相当に苦戦すると思います。

その場合、ギター講師として生き残る為には、例えば、インターネットでの情報発信が上手だったり、テクニックがずば抜けていたりと、何かしら他を圧倒する特徴が必要になるでしょう。

私には、到底できないことです。 

ウチの家族が田舎に引っ越してきたのは、もちろんギター教室を開業するためではないので、そういった意味では運が良かったと言えるかもしれません。


そして、教室の運営を継続していくためには、人が来てくれるだけではダメですね。来てくれた人が生徒さんとなってレッスンに通い続けてくれなければなりません

その為に大切な事は...

『信頼』

です。

『この先生から教わった通りにやれば上達できるかも!』


そう生徒さんに感じていただければ、有名だろうが無名だろうが関係ありません。

その為に私がしたことは、レッスンの予習復習です。

予習復習とは、生徒さんが演奏したい曲や習いたい曲をあらかじめ自分もマスターしておくことではありません。それは当たり前の作業なので。

レッスンの予習復習とは、レッスン前に『この生徒さんは今日ここまで教えよう』、『ここが苦手だからもう一度教えよう』などの計画を立て、レッスン後は『ここが理解できてない様子だったから次はこういう教え方にしよう』など反省点を上げていく

そうやって、生徒さん一人一人に対して、癖や性格や習得速度などを観察した上で、計画と反省をしていったんです。


この作業を、パソコンを使って文書化していき、全生徒さんの1回1回のレッスンの度予習復習として行っていきました。

正直、この作業には多い時で1時間ほどかかり、かなり大変です。つまり、レッスン時間を含めると、1人の生徒さんに2時間を費やすことになってしまうので。

ただ、この作業のお蔭で、レッスン中に無駄な指導をすることが無く、また10人以上の生徒さん1人1人の特徴や習得状況を明確に覚えておくことが出来ました

それは恐らく、生徒さんとしても『信頼』という形で受け止めて頂けたのではないかと思っています。


こういった作業を含め、プロフィールでもご紹介した『観察』『思考』『工夫』『改良』を繰り返すことで、安定して生徒さんが集まり続けられる教室となりました。


今現在、私の教室では一般的なギターの生徒さんは募集をしておりません。


これは、よなおしギターの仕事が忙しくなってきたということが主な要因です。

ただ、今まで通りの満足のいくレッスンが出来ない状態でも、ずっと在籍してくださっている生徒さんが数名いらっしゃいます。一番長い方は、教室開業当初からですから、もう5年も私のレッスンを受けてくださっています

これも、生徒さんと信頼関係が築けたからだと思っています。



ギター教室運営の反省点


このように、これまで約5年に渡って教室を運営し、私も講師として少しずつレベルアップすることが出来ておりますが、もちろん、反省すべき点もあります。


反省点1 【月謝の設定】

私の教室は当初、

月3回1時間レッスン 月謝5,000円

でした。ちなみに、すみやグッディさんのギター教室は

月3回30分レッスン 月謝約10,000円

です。

お分かりでしょうか、私の教室があまりにも低価格なのが...


これは、月謝の値段設定の時に、

『自分なんかが教えてもお金はそんなにもらえないよな...』

という、これまたネガティブな発想から、この値段になりました。

ですから、例え15人の生徒さんが通ってくださっても、6~7万円程度の収入です(子供の生徒さんはもっと安いので)。

これは、後々非常に後悔しました。というより、同業の方から「それは安すぎる!」と怒られました。


最初に設定した月謝は、始めから『1年ごとにアップする』というような規約を設けていない限り、途中から増額するのは気持ち的に非常に難しいです

その時点で生徒さんと良い関係が築けていれば尚更です。

例えば、始めから月謝を1万円にしたとしても、教室運営で大切な事が守れていて、1万円という値段がその地域の相場を相当に上回っていない限り、通ってくれる生徒さんは必ずいます。

もちろん、月謝で諦めてしまう方もいらっしゃるでしょうが...

それはこちらが決めることでは無いのです。


教室側としては、自分なりの運営方針を決めて宣伝をしたら、あとは体験レッスンやレッスンに来てくださる方に対して精一杯誠意を持ってレッスンを行なうだけです。


1万円の月謝で8人の方が通って下されば、5,000円の月謝で15人の生徒さんを受け入れる場合よりも収入は多くなるんです。

しかも、時間的な束縛も半減します。

もちろん、安い月謝を売りにすることも悪くないですし、なるべくたくさんの方にリーズナブルな価格で教えてあげたいという考えであるなら非常に素晴らしいと思います。

私の場合は、主夫の仕事があり、さらによなおしギターの仕事が忙しくなってしまったことで、自分で自分を追い詰めてしまう形となり、最終的には生徒さんにご迷惑をお掛けすることとなってしまいました。


月謝の設定に関しては、是非慎重に考えて頂きたいと思います。



反省点2 【レッスン時間】

一応、規約では1回1時間のレッスンとなっていますが、時には、1時間を大幅に超えるレッスンになってしまうこともシバシバありました。

これはマンツーマンレッスンで、しかも自宅でやっていることもあり、時間的な束縛が無い時にやってしまいます。

レッスンが長引く主な要因は『世間話』です。

何年も通って下さっている生徒さんは、もう何だかお友達のような関係になってしまい、ついついギターとは関係ない話をしてしまいます。

ただやはり、

集中して効率の良いレッスンを行なうには、キッチリと決められた時間内で納めるのがベストでしょう。


もし友達感覚で話がしたい場合は、レッスンを終えてからお茶でも飲みながらゆっくりと語り合えばよいと思います。



まとめ


☆ギター教室を開業したいと思う方は、まずこの本を読みましょう!

☆生徒さんが集まるギター教室には必ず特徴があります。自分にしかできない自分らしい教室を目指しましょう!

☆準備は絶対に妥協しない!そうすれば、自ずと自分らしい教室が見えてきます!

☆特に、レッスンの進め方・内容は、自分らしさが出るところ。徹底的に考えましょう!

☆それでもやっぱり、開業する場所はすごく大事!

☆そして、信頼される講師を目指しましょう!

☆月謝の設定は慎重に。後からの増額は困難です!


【誰でも取得でき取得後は独占して開業できるよなおしギターインストラクターの資格はこちら⇒】よなおしギター協会公式サイト『インストラクター制度について』


【注目記事】よなおしギターのことが分かる3つの記事!

1、まずは、弾いてみよう!~どんなに簡単な楽器か動画で確認!~
2、よなおしギターの特徴~簡単に弾ける秘密はこれ!~
3、よなおしギターの楽譜~楽譜が読めなくても簡単に弾ける!~



よなおしギターのご注文はお電話1本!
0545-55-3673
すみやグッディ富士店まで
※営業時間は10時~20時になります。

または
専用通販サイト『よなおし屋さん』へ

⇒ブログホーム画面へ戻る